株式会社OSADA
ペット火葬炉・動物火葬炉・消防士訓練施設・焼却炉(設計・製造・販売)
燃焼講義 外務省での交流会 アジア技術指導 消防士訓練施設 黒煙処理 屋久島焼却炉 会社案内 リンク
〒311-2103 茨城県鉾田市汲上4399-14     メール:ugi57321@nifty.com   電話:0291-37-6067    FAX:0291-37-6068
ペット動物火葬炉
建屋内への設置は当然、車両にも載せられます。
無駄を省き火葬炉としての高い性能とコンパクト、コスパを実現。
火葬室の両サイドの壁から燃焼用の空気が噴射します。多すぎたり強すぎたりすると温度低下を招きます。
逆に弱すぎれば炎の外側をなぞるだけです。良好な燃焼のためには酸素を有効に適切な位置に拡散到達させなければなりません。そのノウハウが、無煙焼却炉を含めて2,000台以上を販売してきた実績です。



サイクロン集塵機内蔵MS型

型式 火葬室内寸法 外観寸法 乾燥重量
サイクロン集塵機内蔵
MS
50p×100p×高45p 90p×160p×高125p 640kg
590kg
ペット動物火葬炉・焼却炉の補修・改造、出張工事を承ります。メーカーは問いません。



OSADAの設計について
なぜ、日本初の世界自然遺産である屋久島の焼却処分場がOSADAの焼却炉を選んだのか。 後ろに見える屋久島の焼却処分場が環境基準を満たすことができなくなったために建て直すことになりました。
その数年の間、OSADA「メビウス」は小型ではありますが、今まで通りの焼却処分業務を、煙を出さず、環境基準を満たし、代行致しました。まさにその事実がOSADAの優れた設計を証明しています。
建て直しになった後ろの焼却処分場とは比較にならないほど「メビウス」小型で安価ですが、今まで通りの処分量を代行いたしました。
世界文化遺産の富士山とは違い、屋久島は環境に厳しい世界自然遺産です。
その島の焼却処分場に「メビウス」が納入されました。



 
実際の火災を疑似体験できる「消防士訓練施設」
三井造船プラントエンジニアリングとの共同開発)

「総務省消防庁 消防大学校様」をはじめ、各県の「消防学校様」や「消防訓練所様」に順次納入させていただいています。


夢の島訓練場 様

山梨県消防学校 様

奥戸訓練場(第七消防方面訓練場) 様


京浜島訓練場(第二消防方面訓練場) 様

鳥取県消防学校 様


消防大学校 様
発生した煙が上層と下層の二層に分かれます。
上層は平均300℃。下層は平均40℃。上層に消防士の体が触れれば危険です。
この体験が実際の消火活動の際に消防士の命を守ります。
 この体験が実際の消火活動の際に消防士の命を守ります。
発生した煙が上層と下層の二層に分かれます。
上層は平均300℃。下層は平均40℃。上層に消防士の体が触れれば危険です。
この体験が実際の消火活動の際に消防士の命を守ります。
 








黒煙処理炉(独立行政法人 森林総合研究所様)
三井造船プラントエンジニアリングとの共同開発)

木材燃焼テストで発生する煙を大気に排出するわけにはいきません。
そこで活躍するのが黒煙処理装置です。








アジア各国(タイ・中国・ベトナム)での技術指導
 






外務省からの要請を受けて海外研修生に講義をする長田
ペット火葬炉や焼却炉の燃焼について説明する長田。
 
外務省内で催された環境ビジネス交流会で研修生たちと談笑する長田。
この環境ビジネス交流会に招待された小型炉メーカーはOSADAだけです。







燃焼講義 外務省での交流会 アジア技術指導 消防士訓練施設 黒煙処理 屋久島焼却炉 会社案内 リンク
〒311-2103 茨城県鉾田市汲上4399-14     メール:ugi57321@nifty.com   電話:0291-37-6067    FAX:0291-37-6068

株式会社OSADA-会社案内
商号 株式会社OSADA
会社名 株式会社OSADA
事業内容 小型廃棄物焼却炉、動物火葬炉、各種工業炉の設計・製造・販売
営業時間 10時〜17時
休日 土日、祭日、従業員慰安旅行、会社記念日、夏季休暇、年末年始休暇。
電話番号 0291-37-6067
ファックス番号 0291-37-6068
メール ugi57321@nifty.com
ホームページアドレス http://osada.world.coocan.jp/osadarepair.html
本社所在地 〒311-2103 茨城県鉾田市汲上4399-14
資本金 10,000,000円
代表取締役社長 長田 純一  
決算期 6月
取引銀行

みずほ銀行

提携企業 有限会社石山工業・有限会社下遠商事・タイ国T.S.K. Engineering Co., Ltd.
沿  革  1990年 「株式会社総合焼却炉サービス」を設立。 
1998年 「株式会社総合焼却炉サービス」から「株式会社OSADA」に社名変更。
2001年 埼玉県所沢市近郊のホウレンソウから「ダイオキシン類」が高濃度に検出され、くぬぎ山に集中している産業廃棄物焼却施設が原因ではないかということで、焼却炉メーカーであるわが社が「鉄腕ダッシュ」と言うテレビ番組から取材を受けた。その番組放送において「ダイオキシン類を排出しない焼却炉もある」とOSADAが紹介された。
   
2002年 日本で最初に「世界自然遺産」に登録された屋久島の焼却処分場の焼却炉が、施設の老朽化に伴い新設されることになった。新設されるまでの数年間をOSADA焼却炉が焼却業務を代行した。
   
2006年 タイ国T.S.K. Engineering Co., Ltd.と技術提携を結ぶ。「TSK-OSADA」
   
2008年 外務省から「技術支援訪日研修」で来日する研修生への燃焼理論講習の要請を受ける。その後、外務省7階講堂で開催された「環境ビジネス交流会」には小型炉メーカーとして唯一OSADAが招待された。
   
2010年 消防士の訓練施設 「実火災体験型訓練施設」を三井造船プラントエンジニアと共同開発。各県の消防学校や消防訓練所に順次納品している。
   
2017年 本社所在地を茨城県鉾田市へ移転。


 


株式会社OSADA   Mail:ugi57321@nifty.com   〒311-2103 茨城県鉾田市汲上4399-14