O S A D A
燃焼講義 外務省での交流会 アジア技術指導 消防士訓練施設 黒煙処理 屋久島焼却炉 会社案内 問合せ
※動物火葬炉の製造販売業務は「(有)石山工業」に引き継ぎました。

 外務省からの要請を受けて海外研修生を工場に招待
日本の燃焼技術を学びに訪日する研修生
外務省からの要請を受けて海外研修生に講義をする長田
ペット火葬炉や焼却炉の燃焼について説明する長田。
※動物火葬炉の製造販売業務は「(有)石山工業」に引き継ぎました。

 
外務省内で催された環境ビジネス交流会で研修生たちと談笑する長田
※動物火葬炉の製造販売業務は「(有)石山工業」に引き継ぎました。

アジア各国での技術指導

※動物火葬炉の製造販売業務は「(有)石山工業」に引き継ぎました。

 

※動物火葬炉の製造販売業務は「(有)石山工業」に引き継ぎました。

 
 
実際の火災を疑似体験できる消防士訓練施設

納  品  例
東京消防庁 第二消防方面訓練場 様 東京消防庁 夢の島訓練場 様
山梨県消防学校 様 鳥取県消防学校 様
東京消防庁 第七消防方面訓練場 様 総務省消防庁 消防大学校 様
愛媛県消防学校 様 東京消防庁第 八消防方面訓練所 様
岐阜県消防学校 様 静岡市消防学校 様
埼玉県消防学校 様 兵庫県消防学校 様

夢の島訓練場 様
山梨県消防学校 様
奥戸訓練場(第七消防方面訓練場) 様
京浜島訓練場(第二消防方面訓練場) 様
鳥取県消防学校 様
消防大学校 様
発生した煙が上層と下層の二層に分かれます。
上層は平均300℃。下層は平均40℃。上層に消防士の体が触れれば危険です。
この体験が実際の消火活動の際に消防士の命を守ります。
 この体験が実際の消火活動の際に消防士の命を守ります。
発生した煙が上層と下層の二層に分かれます。
上層は平均300℃。下層は平均40℃。上層に消防士の体が触れれば危険です。
この体験が実際の消火活動の際に消防士の命を守ります。
 






黒煙処理炉(独立行政法人 森林総合研究所様)

木材燃焼テストで発生する煙を大気に排出するわけにはいきません。
そこで活躍するのが黒煙処理装置です。






※動物火葬炉の製造販売業務は「(有)石山工業」に引き継ぎました。 
  炉の補修工事は「下遠商事」にお任せください。
日本全国、出張工事にお伺いします。
 



今までに動物火葬炉と焼却炉を合わせて2000機以上納品しています。
例として、日本で初めて世界自然遺産になった屋久島の一般廃棄物焼却処分場に納品した「メビウス」を紹介させていただきます。

後ろに見える焼却処分場が環境基準を満たすことができなくなったため、新規建て直しになりました。その数年の間「メビウス」が今まで通りの焼却処分を代行します。「メビウス」は環境環境基準を満たしています。無煙無臭です。
建て直しになる焼却処分場とは比較にならないほど「メビウス」は小型で安価ですが、今まで通りの処分を代行します。ジェット気流スピード焼却、無煙無臭。
文化遺産の富士山とは違い、屋久島は環境に厳しい自然遺産です。
ジェット気流スピード焼却。もちろん無煙無臭です。


※動物火葬炉の製造販売業務は「(有)石山工業」に引き継ぎました。 
  炉の補修工事は「下遠商事」にお任せください。
日本全国、出張工事にお伺いします。
 





株式会社OSADA-会社案内
商号 株式会社OSADA
会社名 株式会社OSADA
事業内容 焼却炉、動物火葬炉、工業炉の設計
営業時間 10時〜17時
休日 土日、祭日、夏季休暇、年末年始休暇。
電話番号 048-286-0088
メール ugi57321@nifty.com
ホームページアドレス http://osada.world.coocan.jp/osadarepair.html
本社所在地 〒311-2103 茨城県鉾田市汲上4399-14
資本金 10,000,000円
代表取締役社長 長田 純一  
決算期 6月
取引銀行

埼玉りそな銀行、みずほ銀行、滝野川信用金庫

沿  革  1990年 「株式会社総合焼却炉サービス」を設立。 
1998年 「株式会社総合焼却炉サービス」から「株式会社OSADA」に社名変更。
2001年 埼玉県所沢市近郊のホウレンソウから「ダイオキシン類」が高濃度に検出され、くぬぎ山に集中している産業廃棄物焼却施設が原因ではないかということで、焼却炉メーカーであるわが社が「鉄腕ダッシュ」と言うテレビ番組から取材を受けた。その番組放送において「ダイオキシン類を排出しない焼却炉もある」とOSADAが紹介された。
   
2002年 日本で最初に「世界自然遺産」に登録された屋久島の焼却処分場の焼却炉が、施設の老朽化に伴い新設されることになった。新設されるまでの数年間をOSADA焼却炉が焼却業務を代行する。
   
2006年 タイ国T.S.K. Engineering Co., Ltd.と技術提携を結ぶ。「TSK-OSADA」
   
2006年  ペット火葬炉の設計・製造・販売を開始。 
2008年 外務省から「技術支援訪日研修」で来日する研修生への燃焼理論講習の要請を受ける。その後、外務省7階講堂で開催された「環境ビジネス交流会」には小型炉メーカーとして唯一OSADAが招待された。
   
2009年 本社所在地を川口市本蓮から川口市赤井へ移転。
2010年 消防士の訓練施設 「実火災体験型訓練施設」 の製造販売を開始する。各県の消防学校や、消防庁へ納品する。
   
2014年 動物火葬炉の製造販売業務を有限会社石山工業が引き継ぐ。

※動物火葬炉の製造販売業務は「(有)石山工業」に引き継ぎました。 
  炉の補修工事は「下遠商事」にお任せください。
日本全国、出張工事にお伺いします。
 

 


株式会社OSADA   Mail:ugi57321@nifty.com   〒311-2103 茨城県鉾田市汲上4399-14